逆流性食道炎の対策をすれば苦しみから逃れられる

婦人

加齢にも関わる病気

男性

食道の炎症で

逆流性食道炎は、比較的高齢になってから発症する人が多くなっています。その原因として、食堂括約筋の緩みや胃の入り口の筋肉が緩んでくることが挙げられます。もちろん逆流性食道炎は若い人にも起こりうる病気ですが、これは暴飲暴食などが原因になるので対策が可能です。また肥満などになると逆流性食道炎になる確率も上がるため、対策として痩せることを考えるのも大切です。肥満になると、胃が押さえつけられることもあり、食道に胃酸が逆流しやすくなるからです。また常に胃にたくさんの食事を送り込んでいると胃酸がたくさん出てその分逆流しやすくなるのも原因のひとつと言えます。高齢の人が逆流性食道炎になるケースでは、筋力の弱い女性に多くなっています。またお酒などを飲む場合や肥満が合併している場合には、男性でもよく見られる症状です。対策をするためには腹八分目の食事を心がけることが大切です。基本的に逆流の頻度が少なければ食道のただれも治っていきますので問題はありません。これら原因以外のバレット食道になっているケースでは、薬物療法が基本となります。胃酸を抑えることによって、食堂のダメージを防ぐためです。また病院での治療をする場合には、手術をする選択肢もあります。物理的に筋肉を締め付けることによって、胃酸が戻ってこないようにします。症状や薬物療法が効かない場合などには、手術を検討することも増えています。対策をきちんとしておけば、逆流性食道炎は治る病気です。