逆流性食道炎の対策をすれば苦しみから逃れられる

婦人

胸がキリキリ痛む場合

ハートに聴診器を当てる人

消化器科を受診すれば安心

逆流性食道炎になった場合、誰もが迷うのが受診する診療科の選択です。逆流性食道炎の場合は、内科でも診ることができますが、消化器系の病気は消化器科で診てもらうのが望ましい対策です。何故なら、内科のドクターは先ず胃酸抑制剤を処方して、様子を観てから対策を立てるからです。それに対して、消化器科のドクターは胃カメラ検査を推奨しており、患部の発見が早くなっています。特に食道や胃に関しては、内科医よりも豊富な知識と治療スキルを持っているので、癌に罹患してる場合の発見率も高くなっています。但し、症状が比較的軽い場合は、内科で様子を見るのも一つの方法です。何故なら、症状が軽い場合は、胃カメラで調べても、原因が特定できないケースがあるからです。逆流性食道炎が重症化すると、胃酸が過度に逆流するため、胸がキリキリ痛んだり、吐き気や喉の圧迫感を感じます。健康な食道の状態では、胃との境目にある下部食道括約筋が働き、胃酸の逆流を防ぎます。この下部食道括約筋の働きが弱まることで、胃酸の逆流が起こり食堂の粘膜が炎症を起こすことになります。こうした症状が繰り返されることで、食道粘膜がパレット粘膜化し、場合によっては食道腺癌に移行することもあります。逆流性食道炎の痛みを緩和する対策としては、白湯を飲むことが効果があります。これは濃度が濃い胃酸を薄めるもので、同時に胃酸を洗い流す作用があります。但し、これはあくまで一時的な緩和対策なので、症状が落ち着いたら病院で診察を受ける必要があります。